Yamuna®︎Work for Pelvis 2019.12.14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤を整えるワークショップ

【日時】
2019年12月14日(土) 13:00-14:30

【参加費】
3500円/90分
(ボールレンタル ブラックボール200円)

【講師】
矢野章子


姿勢の悪さ、加齢、妊娠・出産、などの影響によっても、また常に坐骨を狭めるダンサーも、

スペースがなくなっている骨盤底。

上半身と下半身をつなぎ、身体を支えている骨盤がガチガチに狭まっていては、不安定になって身体を支えられません。

ダンスやジャイロキネシス、ジャイロトニックでは、「骨盤を狭く」するというキーワードがあるけれど、それは、柔軟に緩めたり狭めたりする余裕が骨盤にあって初めてできること。

つまり、骨盤、骨盤底にも柔軟性、弾力性が必要なのです。

センシティブでデリケートなエリアだし、人前で話題にもしにくいし…
でも、尿漏れや臓器脱の防止にも是非ともケアが必要です。

妊娠、出産により非常にストレスのかかっている骨盤をケアしてあげることで、その後の身体、体調にも大きな違いがあると思われます。

まず骨をワーク。
仙骨、恥骨、坐骨、腸骨。
そして骨盤底を構成するいくつかの筋肉を、それぞれ時間をかけてじっくりワークしていきます。

Please reload

 

ジャイロトニックのロゴ、GYROTONIC®、GYROKINESIS®、The Art of Exercising and Beyond®は、

米国およびその他の国で登録されているGyrotonic Sales Corpの商標であり、同社の許可のもと使用しています。

©White Cloud KYOTO All rights reserved